スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然農、稲刈り、稲木干し

2012.01.12.12:54

H.23.11.03

昨日、今日と日本の棚田百選に選ばれた美しい棚田がある乙大木谷集落でお借りしている水田へ嫁さんと一緒に行き、春から夏にかけて稲籾から基本的に自然農で私が育てさせていただいた苗を基本的に一本づつ手で植え、基本的に、自然農で栽培させていただいた稲を嫁さんと一緒に鎌で刈ったりする作業をさせていただきました。

PB020005_convert_20120112121827.jpg

PB020006_convert_20120112122457.jpg

稲を刈った後にできたスペースに、先日、乙大木谷集落の区長さんと一緒に伐り出した竹を使って稲木を組みました。

PB020001_convert_20120112121050.jpg

刈った稲を友人にいただいた稲藁でくくり、組んだ稲木に掛けていきました。

PB030001_convert_20120112125030.jpg

PB030008_convert_20120112125304.jpg

ちなみに、稲木に掛けることにより、稲の茎の栄養が稲籾に入り、より滋養豊かな米になるそうです。

約3週間後に、足踏み脱穀機で脱穀させていただく予定です。

稲のところに、かやねずみ?の巣があったので、嫁さんの要望でこの稲は刈らずにしばらくそのままにすることにしました。

PB030005_convert_20120112123812.jpg

PB030006_convert_20120112124222_20120112130245.jpg

籾から苗を育てるところから稲刈り、稲木干しをさせていただくと充実感がありますね。

このような充実した農作業をさせていただけたのも多くの方々のおかげです。

特に、乙大木谷集落の区長さん、乙大木谷集落の方々、佐用町農林振興課の前課長、佐用町農林振興課の方々、NPO法人棚田LOVER‘Sの理事長、稲籾を分けて下さった知人のおかげです。

皆様、有難うございました。


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

佐用町ふるさとづくり協議会

Author:佐用町ふるさとづくり協議会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。