スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炭焼き体験ツアー3日目

2012.03.26.20:32

H.24.01.18

今日は、午前中は、椎茸の植菌でした。

参加者の方が植菌されています。

P1180025_convert_20120305190002.jpg

P1180023_convert_20120305185544.jpg

午後は、熱~い炭出しでした。(汗)

P1180030_convert_20120305184938.jpg

P1180034_convert_20120303143033.jpg

P1180035_convert_20120305185325.jpg

私は幸い(笑)佐用町ふるさとづくり協議会参加の為、熱~い炭出しから途中抜け出すことが出来ました。(笑)

佐用町ふるさとづくり協議会が終わってから、炭出しはもう終わっているだろうなぁと思いながら炭焼き窯の前へ行くと、まだ炭出しをされていました。

炭出しをされた方々、熱い中、お疲れさまでした。

この炭焼き体験ツアーを少し手伝わせていただいて感じ、思ったことは、炭焼きは大変だけど価値あることなので、より多くの人達に体験していただきたいということです。

炭焼き体験ツアー2日目

2012.02.18.20:53

H.24.01.17

今日は炭焼き体験ツアー2日目です。

まず、炭焼き窯を温める為に、窯の中に廃材の板等を入れ、1時間ぐらい燃やしました。

P1170011_convert_20120214200047.jpg

その後、窯の中へ原木を入れていきました。

P1170012_convert_20120214200448.jpg

P1170013_convert_20120214200841.jpg

原木を入れた後、窯の入り口付近に廃材の板等を入れ、火をつけました。

P1170014_convert_20120214201350.jpg

よく燃えるように交代でうちわであおぎました。

P1170016_convert_20120214201452.jpg

P1170018_convert_20120214201727.jpg

窯の煙突から継続的に勢いよく煙が出だしたので、

P1170021_convert_20120214201929.jpg

P1170020_convert_20120214202031.jpg

集落サポーターの福井さんが窯の入り口をブロックやレンガで塞いでいかれました。

P1170030_convert_20120214203515.jpg

P1170031_convert_20120214203755.jpg

P1170032_convert_20120214203915.jpg

P1170043_convert_20120214204101.jpg

窯の中はかなり燃えているので、この作業はかなり熱くて大変だと思います。

窯の入り口を塞いでから炭が出来るまで20数時間かかるので、その間に、佐用町で獲れた猪、鹿の肉の燻製づくりをしました。

P1170027_convert_20120214202709.jpg

P1170028_convert_20120214202913.jpg

明日は、いよいよ、熱~~い炭出しです。(汗)

炭焼きの木(かしのき)

2012.02.16.20:22

下記のブログにて 画像が紹介されていますので

多少 補足説明させて頂きます~

炭焼き用に 樫を使う理由として 一番は 木の繊維の密度が高く

白炭(俗に言う備長炭:ブランド名?)に適しているためですが

樫は 非常に生命力が強く 常緑樹の為 スギやヒノキなど 折角

植樹しても 樫の近辺のモノは 日陰となり 枯れてしまいます。

ご覧のように 私道横の崖上に 冬にも関わらず 青々と茂り

民家や 田畑を 日陰にしてしまい 高齢化の進む 地方では その管理が

非常に難しくなっています。

と 言う訳で ここの木も 個人さんの 依頼で 伐採してますが

集落の方々が 次々 訪れられ 「うちのも切ってくれ」とか

「綺麗にサッパリした ありがとう」など 嬉しい お言葉を頂戴しました。

しかし この 樫の木 直径15センチ長さ100センチにしても 重たくて

1本持てるか?どうか? 重たい~

また 2~3本の木を倒すと 葉っぱ(不要部分)が 軽トラック1杯になり

後片づけが大変・・・・・・・・・・・・・・・・

木が固く チェンソーの刃も 直ぐに切れなくなる などなど 苦労の多い木でした~


おっと 愚痴っぽくなりましたが・・・・・・・・・・・・・・

いい炭が焼けて! 体験に来られた方が 楽しんでくれたら!?

それが 一番!! 苦労の甲斐があります~

                               byふくい

炭焼き体験ツアー(約1か月遅れのブログ更新(汗))

2012.02.14.12:43

H.24.01.16

今日は、金子集落で行われた炭焼きなどを体験するツアーの手伝いをさせていただきました。

今日は、2泊3日のツアーの1日目で、参加者は1名でした。

まず、炭焼き窯から軽トラで10分ぐらいの小さな山へ行き、金子集落の区長の大西さん、兵庫県の集落サポーターの福井さんが、炭焼き用の原木を伐り出されました。

P1160008_convert_20120214105559.jpg

P1160011_convert_20120214105834.jpg

P1160012_convert_20120214122030.jpg

P1160022_convert_20120214122520.jpg

伐り出した原木は軽トラで炭焼き窯の前へ運びました。

P1160026_convert_20120214122840.jpg

P1160027_convert_20120214123243.jpg

今日の作業はこれで終わりました。

明日は、原木を炭焼き窯へ入れ、火をつける予定です。
楽しみでです。

炭焼き体験ツアー実施中

2012.02.12.15:08

佐用町 やばらやまの炭焼き窯を使用して

2泊3日の炭焼き体験を行ってます。

2月初めのお客様は 京都の大学生と教授のグループでした!

お天気は 生憎の雨でしたが 比較的暖かく 雪より マシだったのか?

兎に角 悪天候に備え 予め 炭焼き用 植菌用の原木を 用意していて 良かったです~

夕食を終え 宿舎に着いたのが 午後10時近く

交代で入浴し 就寝したのが 午前1時30分

翌日 起床が 7時と とてもハードな 初日でしたが

流石 若者! 二日目も就寝 午前3時30分と 更に遅くまで・・・・・

(オジさんの僕は 午前2時30分で ギブアップ)

どんな?内容だったか?  それは 来てのお楽しみ!(秘密です)

田舎のオッサンが 手作りの企画 至らぬ点は 数多く お客さんには

ご迷惑をお掛けした分 全力で「おもてなし」致しました!(つもりかも?)


2泊3日 寝食を共にし 最後に 見送る際は・・・・・・・・・・・

お客さんと言うより 「里帰りした 息子や娘を 送り出す」気分

「また来て下さい」と言いながら 「早く 帰って来いよ!」と思う

とても 不思議な体験でした!


そこで 今回の経験を活かし

「炭焼き体験ツアー ゆったりコース」を新設します!

炭焼きの 火入れ中は 目高で のんびり? または 佐用町の名所を

散策して頂く コースです!

お楽しみに~


                                      by ふくい

    

 
プロフィール

佐用町ふるさとづくり協議会

Author:佐用町ふるさとづくり協議会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。